另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拖了一下午《王的男人》,终于看完了。
比起这个噱头的题目,还是《国王与小丑》更加贴切吧。

我想说这是一部政治片。至少3/4是。
然后导演把最后的1/4给了「絆」这个字,来收拢铺张开的剧情。符合艺术的夸张性,却让偶有那么一点点失望。。。。

李俊基演的孔吉挺不错的,绝对下了苦工夫。虽然京剧那串的花旦不怎么样,恩。。。毕竟这不是人家韩国的国粹么。但演荡妇的时候那个肢体语言真的惟妙惟肖的说~> < 设定偏女性,基本上米有违和感,而且最重要的是!没有乱放电!!为什么在其他片子里穿的那么现代还那么会放电?!您要表现是演技8素媚眼啊。呼——
。。。。。。这一类角色总是不可抑制地被偶拿去和张国荣比。只能说角色本身不同吧。人家GG是从内而外的溢出了那种媒,李俊基明显还嫩,充其量一个灵字。
其实~偶倒是不太习惯银幕下的李,恩,再朴素点就好了。

搭档的甘宇成演的张生也很棒!京剧那段走场子还一板一眼的,笑。其实孔吉的依靠一直是张生,对于皇帝更多的是怜悯。留在脑子里微妙的情节不是张生替孔吉抵罪那场,也不是在寝宫外讽刺皇帝的那场,而是心无旁骛替他盖被子的那场,就那么单纯地拉了拉被子,完全忽视露在外面的すらすら、艶やかな肌。> <


这本片子还算不错~只不过某些情节被炒的过火了。
——————————————————

最近和泉桂老师教会偶了情欲和纯爱是如何如何存在于不相干的两个世界~~~搞的偶现在莫名的高尚ORZ

コメント
この記事へのコメント
軽井ちゃん、お久しぶり★
和泉先生,..那是指冬貴パパのストリー??? (笑)... 的確好利害, 那個故事.
2006/06/04(Sun) 06:06 | URL  | ナンヤ #-[ 編集]
久しぶり~
そうそう~~~冬貴と義康のストリーでした。
「義康編」だったから、ずっと義康の目から冬貴をみていた。巫女はなにを考えていたか全然わからなかった。義康は本当に辛かったなあと思い込んでしまって.....けど「もう二度と会わない」のをきっかけで二人初めて落ち着いて話し合いた。。。。
なるほど、すれ違う世界に住んでいる二人だった。

あと嵯峨野さんの...相手のために何かを捨てるなどを考えるな、何かができるのを考えなさい....という言葉もすごく印象深かったです。
2006/06/04(Sun) 09:40 | URL  | 軽井 #MmJAre9s[ 編集]
哈哈~王的男人我还没看||看到很多人说失望= =可能是之前期望过高了吧……
2006/06/10(Sat) 20:18 | URL  | hidez #-[ 編集]
哈哈~~失望啊~
估计是想看到什么镜头吧~~~结果很清水的说~~~~
前面炒的太厉害了....
2006/06/10(Sat) 20:38 | URL  | 軽井 #MmJAre9s[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。