另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
著作:英田サキ
篠塚x江波、江波x篠塚

内容(「BOOK」データベースより)
警視庁公安部外事第一課第四係の刑事であり、ウラに属する江波郁彦は、ある日、秘匿追尾していた男に尾行を見破られるという失敗をおかしてしまう。そしてその日、上司に呼び出された江波は、そこで警視正、篠塚英之からある事件の班員に指名される。篠塚は若くして公安部部長に次ぐ地位にあり、一見穏和だが常に冷静で、なにを考えているのかわからない男だ。江波はある事実から篠塚に反抗にも似た感情を持っており…!?事件にはできない事件を追う、男たちの静かな闘いの物語。



前にわがままで、義兄さんは永遠に義兄さんでいてほしいと言ってしまった。
けど、英田先生よ…もう本として出している以上はどうか篠塚を幸せにしてくださいな…

結局寂しい落ちになってしまった。
なんとなく江波は諦めないと思った。
けど、篠塚が拒む以上彼にはなんにもできない。

後半になり、江波が本当にますます可愛く見えてきた。
正直者でひたすら篠塚に慕っている。
篠塚もその気がないと言いつつも、時々甘い顔を見せているし。

受攻はともかくとして、二人で生きていくうえには篠塚と対等に支えあう人でないとだめと思う。
江波は素直で可愛いけど、まだ若い。
篠塚を受け止めて、支えるにはもう少し成長を待つ必要があるではないかね。
もしかしたら、篠塚も待っているかもしれないよ。
上に上り詰めていく姿があまりにも寂しくて、誰かそばにいて欲しいな。

先生は後書きにて、これはエスシリーズの最後の1冊になると書いたので、もう続編はないのかな?
英田先生にしては珍しく物足りないエンディングの終わり方だと思うけど、これは木原先生だった、なんとなく納得いくけどね。。。。

椎葉も宗近も登場した。
宗近を尻に敷いた椎葉は本当に可愛くて、やわらかくなったな~と思ったとたん、犯人の車に引きずられて大怪我で入院した。
痛々しい。酷い怪我だったが、叱りたい!我慢できない!
あんまり宗近に心配させるんじゃないよ!義兄さんにもなー!

唯一の家族だと名乗る篠塚に感動した。きっとこれからも暖かい眼差しで見守ってくれるに違いない。
椎葉を宗近に託したとしても。


日曜、絶望に行く時は篠塚さんのことを何度も思い出した。
場所は日比谷なので、官庁林立の霞ヶ関とは目と鼻の先だから、霞ヶ関の空気さえ寂しさを感じるわ。
ていうか、私は霞ヶ関駅から帰ったので、なおさら。


なんだか「エス」をもう1回聞きなおしたくなった今日このごろでした。
コメント
この記事へのコメント
是说这本看的我心里很堵很堵很堵。。。。
2010/03/31(Wed) 01:36 | URL  | 阿兔 #-[ 編集]
而且没办法期待后面呢!!!哭。。。。。英田啊~~拽住摇晃~~~你!你。。。
2010/03/31(Wed) 11:35 | URL  | 澤 #MmJAre9s[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。