另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊男前図鑑 先生編 白盤

関俊彦、置鮎龍太郎

もともとはそういう一人で演じるものはあんまり好きではなかった。でも先日「群青」を読み終わって、関さんの声がむしょうに聞きたくなった。ちょうどあゆさんのイメージもおしゃ木で落ちてるところなので、夜聞いてみた。

発掘の教授?ー>関さん

う。。。さすがに先輩!これは。。。神谷さんと三木さんのあのシーズでの出演以来、二度目関さんに跪いた。前回はいつも穏便なイメージに反して、悪役に出演してくださった。最初は「あ~関さんだ」ってイメージが捨てなくて、役に入れなかったけど、いつの間にぞくぞくしてきた。夜中に聞いてたので、本当に怖かった>~< でもでも、別の意味で関さんXかみやん聞きたかった|||。はい!今回は大学の教授みたいな感じで、さわやか風で通した。でもでも、奇妙なのはぜんぜん一人で喋ってるという感じはしなくて、話相手は本当にそこにいるような気がした。台本を書いた方はお上手だし、関さんの演技も隙間なく。最高だった!

踊りの先生ー>置鮎さん

はじめからびっくりした、置鮎さんの口三味線?これは貴重だ~笑。しかも関西弁、うちはこういうのに弱いんだよ…あゆさんの関西弁久しぶり?うわ~でもやはり優し~いよ、木内さんや諏訪部さんになるとセクシーになるんだけど、あゆさんは癒しだ…関さんの言った通り、結構つぼにはまったかも。

FTは白盤&黒盤で、関さん&井上さん、置鮎さん&森川さん。個人的にはあの人はちょっと地雷なんだけど、もりもりは聞きたいな~~黒盤楽しみー

最近は地雷が急増していて、とりあえずアイドルはやめてくれ。嘆。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。