另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺にはないものをいっぱい持ってた。
うらやましかった、あんなにも愛されて、眩しくて
目が眩んで何度も息が止まった。

でも、自分にも自分にしかできないことがきっとあるはずだと思ってた。
思いたかった。
そう、俺は、俺は、ずっとそう思いたかったんだ。



司、俺はずっと不思議だった。
どうしてこの世は 持つ者と持たざる者に分かれるのか。
どうして愛される者と愛されない者があるのか。

誰がそれを分けたのか。
どこが分かり道だったのか。
いや、そもそも分かり道などあったのか。

生まれたときにはもうすべて決まっていたんじゃ

もし、これは本当なら
はーー
神様、俺の人生は何のためにあったのですか?

                                --根岸達夫


だめだ、父さんためだよ!
俺はあいつみていに早く走れないだ。
だって父さん俺が 分かっちゃうんだもん、おじさんの気持ちが。

『父さん、俺が忍が...
 そして
 父さんがずっとうらやましかったんだ。』

だって父さん、俺は何にも持ってないもの。
そう、俺だって自分にも自分しかできないことがあると思いたかった。
でも、でも、でも!


                                --森田馨


前へすすめ、いいか、前だ。
暗い気持ちに追いつかれるな。
光のほうへ走れ。

                                --森田司 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。