另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木原音瀬 著

やっと読み終わった。
下の後半はとてつもなく燃えてしまった!!!

先生との萌えポイントが重なっているみたい!!!
縁側の膝上のおしっ○とか、昔の真っ赤の襦袢つきの黒花嫁衣裳とか、障子にろうそくのゆれ影とか。とくに膝上のあれは。。。。もう、思いついたこともないから!本当にツボだった!

これはやばいと思った。
それと、みっちゃん~やっと信二さんを手に入れたね♪感動…
信二さんって誰から見ても受けだよ!なのにずっと上だったから、みっちゃん頑張れって応援してたよ!
やっと位置が正された。嬉しいな~

最近木原先生は意外と激しいという事実に、少しだけ驚いた。
同人誌の新刊も、キーワードは「パール」だから、ハードな内容だった。
先生は精神いじめ→体責めにかわられたのかな。

あととても好きなのは作品の人名!
山田っていいね!こういう本の中はいつも読みにくい苗字とか出てくるからさ!
珍しい苗字=できる男、かっこいい男ってあり得ないじゃん!
普通はいいね!!ストーリーがよければ。


月のエンディングは結構苦労されたとあとがきで書いていた。でもハッピーな結果で本当によかった。
いまだに信二さんのヤクザ言葉になれないけど。

でも、まあ~「海をわたる月の船」のほうが好きかもな。


ーーーーーーーーー
ファミ通当選した。
お誕生日イベントで、200人しか招待しないけど、なぜか今回は当たる気がした。
生意気かもしれないが、なぜか自信があったの。
嬉しい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。