另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仲良しの友達から結婚するかもしれないとのメールをもらった。

クラスメイトかな。。。。たかが20年くらいしか生きていないのに、中学校や高校あたりの記憶がすごく曖昧だった。時々不思議でならない。

高二の時からは確か隣のクラスの子だった。
なんでこんな仲良しになったのかな…

まあ、ともかく結婚するかもしれないと言われて、ちょっとショックだった。
人がいっぱい恋に落ちて、恋におぼれて、恋を諦めて落ち着こうとする時、
人が職を探し、職に耐え、職を変え、職に満足した時、
人生はもう。。。やるべきことは半分出来たてことだよね?

なのに、私は仕事も男も何一つ見つかっちゃいない。

【続きを読む】
スポンサーサイト
耳を澄ませばかすかな海

目を閉じればいつかの海

没兴趣的新作依然堆着。
到处翻以前的旧作出来听。


很长一段时间,都非常想听目を閉じればいつかの海。想念那个BGM的旋律。一度找过那个曲子,后来发现,现在的CD都是独立作曲的,所以只能放弃。

这一次大概是第3,还是4次吧。依旧哭的很爽。
最近近藤和鸟的那张碟,原著也是崎谷先生。突然发觉先生很喜欢插一个像真雪一样的女性在作品里面。确实这样的女性很迷人,确实这样的女性只能远。。旁观。同意小鸟。

类似这样的系列作,不知道为什么,我一般都喜欢第一篇。感觉第一篇的主人公总是特别伟大。
难道纯粹只是偶然?
比如说清涧寺。比起国贵肩上的责任和最后抉择的勇气,我觉得三男的那些烦恼都很无聊,偏偏和泉先生就喜欢三男!老写三男番外!CD出了1张不够还出第2张。第2张完全就是在炒冷饭么!!四男根本就是一般的少女恋爱了。嘛,当然老爸本来就是不可理解。浅野的那个上海故事怎么不给CD化啊!风间不配BL么?!

再比如说圣司10年前分手的选择,10年后当爱人的选择,虽然后者只是一个误会,但是勇气可嘉啊!
突然就觉得大地那段感觉小零小碎的,可能是我不喜欢seri的性格也有可能吧,而且还是野岛DD。

弟弟的那段还蛮喜欢的,因为像我这个年代的人,相信多多少少都对radio的DJ抱有过幻想。我一度还想当DJ过。某DJ给偶的回信不出意外地话现在还躺在杭州的抽屉里,虽然刚搬过家(突然开始担心起来。。。)而且那个人声音很甜很小孩很可爱!!后来辞了工作,好像去了美国。难道我从小就是声控?
现在听个web radio有时候都会中途掐掉。汗。不过单纯的年代是美好的。

啊,最近还复习了NOW HERE。
再一次觉得音乐非常不错。在回国之前要达成集齐木原商业志的目标!然后搬回家。。。

12月依然看不见神谷的影子。但是有两张下野,一张三宅能够安慰。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。