另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
这个一颦一笑是什么个意思。

偶从pick up Vioce vol 12上深刻感受到了。


亲爱的神谷chan说大家肯定会吓一跳~因为最吃惊的是自己。

大家把自己想象中的神谷美化一下,就成了ハレノヒ


其实我不怎么喜欢杂志图。粉太厚,PS太强大。
还不去osha5那几张油光光的。

不过这次真的被震住了。只不过看了一个CM而已。
非神谷fan的人说,PV么,总得给你看平时看不到的神谷,不然有何价值。
想想也对。

我从轻井空也那歌开始已经惊S了。啥时候唱歌水平这么高了!

啊~毛毛虫已经蜕变成花蝴蝶了~
スポンサーサイト
我只是单纯来花痴一下。


近所のスーパーにすごくお肌の綺麗なお兄ちゃんがいるの。毎回彼のレジを通る時「若いな~」と感嘆してたが、今日はまさか!メガネをかけていた 

(00≧へ≦00)

私はメガネ萌ではない!!!ではないのに!このドキドキはなんだ?!

ぴちぴちなお兄ちゃん~


=========

今天集中讲课终于结束了。果然不同领域的老师给的意见也不同~偶好像对自己的论文看到了一线曙光。。。擦汗

然后突然想起,昨天光顾着准备发表,把明天的学习会完全抛在了脑后。

于是,预习要怎么办。。。好多页啊。。。。。。明天早上还打工。
抱头~~~~お兄ちゃん~~给我力量-!
我最近怎么拔草拔的这么勤快,真是奇怪了。


1年级结束了。研1结束了。09年一半过去了。

今天看见教授的时候,我突然有一种错觉,发觉他好像还看的起我,至少下个学期还能上同传课。
就在上个月底,我还有一种自己已经完了的感觉。
读完一年,我才发觉原来梦想和现实可以差这么多。
因此也不太有气力去努力编制梦想。
可是骑虎难下。
而且大学院的世界,永远都是独裁者的天下。
不止一个同学和我说感觉伴君如伴虎。
要控制这个距离感,实在是一件非常微妙的事情。
我知道大家的疲惫不是来自生活,而且是精神上的。


最近耳朵边老是听到很多人在说时间过的快。
可是我一点都不觉得。

翻开记事本,每个月都是写的密密麻麻的。

除了读书,有学习会,论文进展发表。
打工是必须的。
event是不可缺的。
一个礼拜除了读2天书,还要打3天左右工,1天开学习会,偶尔还需要泡都立图书馆,不然论文没进展。半数的周末有event,碰上chara hobby或者anime fair这样的需要彻夜。
5月是我过的最舒畅的一个月,因为月初G FES落选了,所以5月没有任何event。

6月是最幸福的一个月。整一个沉浸在vitamin的余韵中,两个礼拜后又有夏目的sign会,抽签率有9倍。虽然我只寄了两张,但是天晓得我多么痛苦的硬是把两张明信片画的花花的。估计幼儿园小朋友画的都比我要好看。连自己看都觉得很汗颜,但是丢脸就丢脸。结果证明还是有那么点效果的。而且被神谷那么温柔的叫了,硬是傻笑了好几天。


综上所述这学期基本就没有时间预习或者复习。
最近还经济危机,考虑到可持续发展,我开始准备找工作。
然后比较认真的考了商务日语。最近又开始折腾英语。至少我得过了公司的笔试。

活20多年才失望地发觉自己是一个只能专注于一件事的人。
很多人可以同时进行很多事情。
但我就是俗话说的那种一心不可以两用的。

于是期末的时候被教授注意了很久。
就在那个时候,我发觉未来是一件很现实的事情。
有些事情必须得做,但是一分心就会被注意。

从今天教授的口风里看,下个学期也一样抽骨头。
首先暑假里面每个礼拜都要开学习会。
开学的时候,还必须把论文弄出点进展。
可怜我还想去四国,目前来看,不光是经济上,时间上都不太允许。

啊。。。。。。。。。年底一定得考TOEIC,不考来不及了。。。报名费很贵的说。

纠葛中。。。。。。。
想来,估计神谷也很忙,一定很忙。
不过同时进行读书,论文,就业,打工和拿资格实在是太考验我了。
唉,说到底还是该做的事情早点做比较好。
Happy Brithday!!

直江はそばにいますか。
バラをもらえたのかな~
今ごろはどこかの高級ホテルのスイートルームで宝石箱を眺めながら、ワインを飲んでるのかい?

あ~橘氏のゴールデンカードが光ったな!

笑。

少し危ない方向に走ってしまった。

未成年はお酒を飲んではだめっとこの直江のお母さんセリフもいつのまに聞けなくなってしまった。

本編は36にとどまっている。
いつまで経っても前に進まない。進みたくない。

私の中の高耶さんはまだまだ元気でいる。

直江、この人を末永く幸せにしてください。


一波三折


今天MSN碰到回美国的M亲。
她告诉我她和在加利佛尼亚的朋友协力搞到6张。


呆住。



于是捏手一张,stage一张搞定了。

再于是,我帮她抢的那张高达手渡会的多出来了。


唔。。。握拳。我要去捏手拉!!要去捏手拉~~~捏手拉~~~yeah~~~~~~~~~~~~~~!!!
我可以不可以在手上涂胶水?

喂?!


啊哈哈哈~~~
傻笑中。



难道anime的服务器是在美国的?真是奇怪了在日本的拼不过在美国的。

啊。。美利坚合众国果然强大。
仰望。


kiramune的HP up了神谷新专辑的CM

短短10秒种。
我的鼻血!

鞭打,你还敢说你不是偶像!!!
小惠说你转型成功。。。
擦汗,我说,神谷8需要转型,不过被包装了蛮好。
那个笑容啊,真是摄的我魂都没有了。

然后,和某位亲一样的感想。
我第一次看见神谷开车。
第一次看见神谷拍照(虽然拍的是狗,为什么不是猫?!)
第一次看见神谷的腿毛。

ww.kiramune.jp/kamiya/pv/kamiya_hiroshi_826.asx
好像全日本都在嚷嚷日食。

东京只可以看到日偏食,不过11点左右我正在打工,所以很遗憾地连氛围都体会不到。

看了一下日全食的观测带!杭州居然可以看到日全食诶!!50年才一次呢!
为什么每次这种多少年不遇的事情发生的时候,我都不在杭州呢?擦汗。

比如说前年夏天的大雨,西湖水溢出来了,再比如说去年冬天巨冷,西湖结冰了。


人说床前明月光,低头思故乡。
偶看到日全食的那张钻石环照片,突然很想回家。

不过,50年。50年而已。
搞不好,下一次我能够在中国看到?
很庆幸,我还能等50年。

阳历七夕的第二天,去了プラネタリウム。
宇宙真的很神奇。
相比之下我身边的世界是多么的渺小。
所以做人还是想的开点。。。。(还在怨念昨天没抢到)

前几天看新闻说俄罗斯准备去火星。似乎是大概需要一年时间的时候才能到达。
候选的宇航员刚结束了1个月的全监控封闭生活。

1个月,还能熬。
将近一年关在封闭的空间内。会疯掉的。



等到我转世的时候,估计普通人能够上宇宙了吧?

今年的chara hobby有神谷的握手会。

于是和上个礼拜的高达手渡一样,是通贩抢的。

本来我今天是打工的,不过硬是和别人换了一班。回家刷电脑。


开始之前我就有不好的预感。
好吧,事实上握手会的没抢到,stage的整理券我也没抢到。

望天。





握手会啊!!!

同志!!握手会啊!!!!手啊!!!摸的是手啊!!!!!!


同学我明年8月搞不好已经不在日本了








连哭都哭不出来。

omaera的时候,神谷拍了下偶的手。那个冰凉的触感,到现在还忘不了。


我要到什么时候才能断了神谷啊。
那样可以省好多钱,可以省好多感情,可以省好多精力。



....欲哭无泪。


期末repo。

这学期不知道怎么的,鬼使神差选了个汉诗的课。于是这个repo真是烦煞我也。

擦汗,写个什么也8知道,于是随便捡了个烂俗的题,写西湖的诗词。擦汗


嘛。。。不过写着写着,突然有点想回家了。望天。



★   ★   ★

那天,和同班同学聊天。
一位和神谷同年的JJ。
她在那边一个劲的批判追星族。
说无法理解,说无聊,说肤浅。

我无法说清楚,那些所谓的偶像给了fan什么。
不过至少不是fans单方向的付出。
至少,得到了无形的精神上的慰藉。
只有那些满足于人生,满足于现状的人才不需要寄托吧。

我也不想承认我追星。
更何况神谷算的上一颗星?
所有不认识神谷,看过我手机桌面的人都说不好看。
人家是卖声的,又不是卖脸的。
不过好像做的任何事都和所谓的追星族没有任何区别。
并且,发觉自己对外表美丑的判断好像有点变形。笑

只不过,时不时会感慨。
人生难得青春几年。
如果去掉神谷这一个让我东奔西跑的理由的话,
似乎没有任何东西能够引起我的欲望。

梦想是个很美好的名词。翻个身就是野心与欲望。
当我还有气力去追的时候,我觉得我还不算太老。

话说
那天去都中央图书馆,在门口发卡的一个老太太来了一句
请问,你不是高中生吧?

惊S我了。
嘛。。。。心底还是蛮开心的。



今日は丸紅に筆記試験を受けに行った。

何も準備していないし、落ちるのを覚悟に、ただ出題問題を覗いてみようと思い、行ってきた。

けど、やはりしょんぼりなってしまった。

対策本とは全然読んでいないので、筆記試験は普通は一般常識の問題だといわれるが、今回はもしくは語学力と数学力だった。

3パートがありまして、国語、まあ、いわゆる日本語と数学と英語だった。

パートごとに制限時間があって、自分はいかに無力かを思い知らせた。

まずは日本語。一応。。。まあ、わりとね、日本語には自信があるほうだと思うが、全然だめだった。
全部読解問題で、そんで出された三つのセンテンスが正しいか、間違ってるか、無関係かを判断するお題。
制限時間五分前の時、私は半分しか答えていなかった!
そもそも判断するときに、無関係でもなさそうだし、間違ってるともいえないような曖昧な句が結構あって、迷ってしまった。

そして、数学。
全部推測問題だった。
出された数字の表に基づいて、表の中の開いてる穴を埋める問題だった。まあ、テーマはいろいろあって、販売数から光熱費まで。

私は数学が苦手なので、分数とかじゃなく、こういうのが出されたほうが助かると黙々喜んでいたら、やはり時間が足りない。最後の二問がぎりぎりだった。

推測問題といっても、何がしら規則があるの。けど、もちろんそう簡単に見つかるものではないから、本気で探そうとすると、かなり時間かかるかもしれない。でも、案外、まじめに計算しなくても排除法で答えが見つかると思うな。

まあ、一応満足はした。

最後に英語。

キター。
はい!まったくちんぷんかんぷんだった!!

私の英語力よ。。。。誰か助けてクレイー!

そして気づいたの。いまさらだが、私は第一外国語を日本語を母語としてる人と戦おうとしてる。
第二外国語の英語をこれを第一外国語、しかも留学経験のある人と戦おうとしてる。


沈没。


英語は、拾いなおそうかな。



この日記は誰も見ないと思うが、アドバイスを一つだけしたい。
日本語を専門にするな。

苦しいぞ!


はっきりは覚えていないけど、多分2005年末から2006年前半あたりに、ヤフオクで「炎の蜃気楼」の本編と一部の邂逅編、そして番外編を落札した。ちょうど完結編が出てしばらくだから、2005年かな。。。。

思えば当時、日本語はほんの少ししか読めなくて、それでも実物を手にした喜びは大きかった。必然ではないけど、私は「蜃気楼」のために、日本語をせっせと勉強してたかも。高耶さんの少し砕けた言葉を悩みながら、辞書は手放さない状態であった。でも、いつの間にか、辞書を引く時間さえ惜しくなって、次は次はとどんどん進んでいた。4年後の今、今度は苦痛で続けなくて、完結編の四巻前にとどまっていた。

多分今に至るまで二回くらいは空白をあけただろう。
一回目は直江が死んだ時。
二回目は高耶が1人で四国に逃げ込んだ時だった。

四国編からは、もう多分苦しみの始まりだと思うが、それでも直江がいたから。ちゃんと高耶を見つけ出して、そばにいてあげたので、読み続けた。

今度は36巻でとまってしまった。
私は再び直江に奇跡を夢見てたかもしれない、けど結果はああなってしまったので。

それなら鏡の中にいたほうが幸せではないか。

いや、鏡の中にいたら、景虎さまの告白を聞く日は訪れないだろう。

けど、この四文字を頼り、直江はこれからずーーっと1人で生きていかなければならない。

ありえない。





本編が終わるまで我慢しようと思って、ずっと邂逅編をしまっていたが、わりと甘めの番外編を全部片付け、結末をちゃんと受け止めようと心の準備をできた時、ちょうど日本に来てしまったた。少しクッションがほしかったかもしれなくて、来てからずっと本編を拾う気になれなくて、とうとう邂逅編を始めてしまった。

はじめたらはじめたって、直江に憎しみを抱く景虎さまが可愛くてしょうがなかった。ふたりの気持ちの転換がみたい!!どうやって向き合うようなったのだろう。そして美奈子は?36巻まで、系統的に美奈子の話はしてなかったが、ちょこちょこと見えていたが、どこかにちゃんと物語として出てくるのかな。

3回もとぎってしまれば、記憶も薄くなるものだ。今までの事件は途切れ途切れしか覚えていないけど、ミラツアーをしてる。最初は江ノ島、そして箱根と小田原と続く、冬休みは京都、大阪、奈良、高野山を回れた。改めて見覚えのあるような景色を目にするとなんともいえない気持ちになる。

40巻まで読み終われるのはまだまだ遠いようだが、最後の何ページを何度もめくってしまった。いや、でも読みたくない!!!
保ち続けたいのよ。元気な姿を。


コミュニティにでも、国内のファンの根拠地にでも、いろいろな感想や議論を目にしたが、私みたいに本編も終わってない人は偽ファンだろうな。苦笑








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。