另一个家→Bleu。

    ここは不定期的に更新する。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<罪の褥も濡れる夜>
伏見と冬貴の物語~2006年1月発売中~
でた~!やっとでた~盼着CD化~~笑~~~~~YUSA X 神谷啊~~~~星星眼~~~
如此,清潤寺シリーズ終了でしょう。恩~~考慮去買書~~~

~<夜ごと蜜は滴りて> 这張碟発売了吗?為什么前段時間看到過碟評的様子....是不是偶眼花了.或者説在哪个応募CD里面?? 謎...です。

神谷さんのインタビュー解析中...笑~~仔细听听他在説什么~~~感覚開始拍照的時候有点緊張

==========================
新撰組 peace maker鉄
終于把尾巴掃光了,最后那集大叔説的話很感触。
憎み合おうでも、切って血であらおうても、時代の流れは止められぬ。
就算相互憎恨,就算相互浴血砍殺,時代仍然不会停止前進。

点頭。最后,吉田和鉄的那場。
两辺都很心疼。
吉田為了自己的理想而奋斗,和総司砍到重傷,結果半路插進小鬼,像是在做他的練習対手。
我就知道殺鉄父母的不是他,嘆。。。。。。。。
新撰組与長州藩両辺的正義不同。
時代的産物由時代来冲刷吧。

花痴一下~~~為什么諏最后一話会客串一个髪型和吉田超級相似的新撰組組員??我還以為是吉田弟子|||||||||||
> < 池田屋收場的時候~土方真的好担心総司啊~~笑~~~根本就是冲過去抱紧,旁観者好心提醒~~副長,不行~~肋骨有可能断啦(8能抱这么紧啊~~~)捂嘴。喝薬的茶,総司喝了一半,剩下的土方居然直接送自己嘴里去了,晾在辺上的鉄明显呆掉了= =
笑~~~斎賀!強~~い!果然還是喜歓戦斗中,総司的声音哪!!
中田桑,陶醉的中低音啊~~~


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。